運転の根本的なルールへの意識を高めています。

我が家では車を運転する際は、夫婦で「どんなときも安全運転を守ろう」と決めています。
例えば、当たり前のことばかりなのですが、「一時停止の線ではどんなに見通しが良くて誰もいなくても必ず止まる」や、「狭い道路などは特に青信号でも左右確認は怠らない」、そして「どんなに前の車が速く走っていようとも自分は制限速度を守ろう」などなど、普通そうでついつい忘れてしまいそうな根本的なルールへの意識を高めることです。
やはり運転に慣れてしまうと初心を忘れがちになってしまい、「大丈夫だろう」なんて安易な運転をしてしまう可能性が高くなってしまうこともあります。
ですが、一瞬の判断で守れるものが必ずありますから、大切なことです。
因みに、何故改めてこのような根本的なルールの意識を高めているかと言いますと、きっかけは以前に家族でドライブをした際に目の前で大きな交通事故を目の当たりにしてしまったことや、テレビで車の事故に関する情報がよく報道されていることがきっかけでした。
そのおかげでフィットの買取りを決断できたのです。
我が家には子どもが2人いますし、「同じような事故を起こしたらいけない」という気持ちが強くなったのです。
あ、そんな強い気持ちも現れとして、数年前から我が家ではFMナック5で行われている、『セーフティードライブキャンペーン』という交通事故を無くすためのキャンペーンがあるのですが、そのキャンペーン期間に無料で頂けるステッカーを愛車の後ろに貼っています。
黄色と黒を使ったデザインなのですが、車の魅力や見た目を崩すことなく、意外にお洒落でさり気なく貼れますので家族で気に入っています。
そんな感じで、安全運転について語りましたが、そろそろ終わりにします。
以上、我が家の『運転に対する根本的なルールを守る』おはなしでした。
因みに、この気持ちのせいか、今のところ大切な愛車には傷がなくピカピカです!。

電気シェーバーが安全で肌にもいい

ムダ毛処理は本当に面倒ですし、肌を傷めた事も過去に数え切れないほどあります。
剃る方法や抜く方法、市販のムダ毛処理グッズなども色々と使ってきましたが、現在では電気シェーバーで剃る方法に落ち着いています。
若い頃はいかにきれいにムダ毛を処理できるか、以下に楽に処理できるかばかりを気にしていました。
多少肌によくない方法でも、ムダ毛さえなくなってくれればそれでよかったです。
しかし、年齢を重ねてくると肌の美しさも気になるようになり、紆余曲折しながら肌トラブルがめったに起きない電気シェーバーを選んで使っています。
深剃りできないのでまめに処理しなくてはなりませんが、広範囲に一気に剃ることができて、クリームなども塗らなくてすむので、カミソリよりも肌に優しくて手軽です。
そして、抑毛ローションを併用するようになってからは、毛質も柔らかくなってきて、ムダ毛も以前ほど目立たなくなってきました。
何より、カミソリ負けなどでしょっちゅう肌が荒れていたのがなくなり、すべすべ肌になれたのが嬉しいです。
旅行へ行く時などは他のムダ毛処理方法も行いますが、基本は電気シェーバーで、肌トラブル知らずになっています。

虫歯にならないための歯の磨き方

姉が以前歯科衛生士をしていたので、虫歯にならない歯の磨き方について教えてもらい、それ以来ずっとその方法で歯磨きをしています。
最初は、歯磨き粉をつけないで磨きます。
歯磨き粉をつけてしまうと、ペパーミントなどの清涼剤で口の中がすっきりした感じになり、磨けたと勘違いしてしまうからです。
歯ブラシの毛先が、歯と歯茎の間に当たるようにして、力を入れずに細かく振動させます。
ここでは力を入れないということがポイントです。
奥歯から前歯に向かって歯の表側を一周したら、今度は裏側を一周します。
こうすると、一部分を磨き忘れてしまった、ということがありません。
上下磨きおわったところで、最後に歯磨き粉をつけて軽く磨きます。
歯磨き粉は、虫歯になりにくいという、フッ素の入ったものを使うようにしています。
そして最後に、仕上げとしてデンタルフロスを使います。
ワックスなしとありのものがありますが、ありのほうが滑りがよくて通りやすいので、私はこちらを使っています。
歯と歯の間は結構磨き残しがあるので、フロスを使うことによって、歯の間の汚れが取れるのです。
この方法で毎日丁寧に磨いているので、最近は虫歯になったことがありません。

どう「自己投資」すべきか悩んでいます

今年こそ節約と貯金をして初めての海外旅行をしようと考えているのですが、それを邪魔する厄介な存在があります。
それは「自己投資」という概念で、私はそれを言い訳に色んな本や食べたことのない食品やレストラン、あるいは衣服などにお金を使ってしまいます。
それで生活レベルが上がったり人生が豊かになっていればいいのですが、ほとんど変わらない毎日を送り続けているのでこれは「浪費」だったと反省しているのでした。
しかし、今の私にとって本当の「自己投資」は海外旅行だと思いはするものの、私の収入から生活費を除けばお金は多くありません。
なのでより稼がないと海外旅行ひとつすることにもかなりの時間が必要になってしまいます。
それに英語を話せないと大したことができなさそうだというのもあるので、ビジネスと英語学習に対する「自己投資」欲がむくむくと沸いて来て困るのでした。
はてさて、一体どうしたものかと思うのですが、安心して海外旅行をするにはやはり収入がもっと欲しいと思うのでまずはビジネスに集中すべきなのでしょう。
でもとりあえず海外に行く経験を積むだけならそんなにお金はいらないだろうから、とりあえず海外に行ってみるべきか?などと悩んでいる今日この頃です。
ビジネスと海外渡航、どちらがより良い「自己投資」なのでしょうか。
・・・海外にビジネスしに行くべきなのでしょう(笑)。
探偵 費用

ちゃんと貯めるなら自動引き落とし

どうしても目の前にあると、あるだけ使ってしまいそうになる、意思の弱い私…。
こんな性格の私にぴったりな貯金の方法がありました。
それは、給料振込される銀行口座から、自動引き落としで定額貯金にお金を毎月動かす、という、強制的なものです。
それまでは、自分で給料日後に貯金に回す分をおろして、他の銀行口座へ入金していたのですが、休日を挟んでしまったりして、まだ手元にそのお金があるうちに、イレギュラーな出費の必要が出てくると、その貯金用から借りてしまったり、ぜんぜん貯まりませんでした。
でも、自動引き落としを使う貯金方法に変えたら、自分の手元にある期間が無くなったので、使い込む危険性が無くなりました。
また、おろすにしても、定額貯金は窓口へ、通帳・印鑑も持って行かなければならないので、面倒だな…という気持ちになり、よほどのことがなければ、使い込むこともありません。
きっと、きちんとした人は、こんなことをしなくてもちゃんと溜まるのでしょうが、私には、この強制的な方法が向いていました。
怖いのは、もし給料がきちんと振り込まれないと、給料日の翌日に引き落とし日を設定しているので、通帳残額がマイナスになってしまうかもしれないのが、ちょっと心配ではありますが…。
でも、ぜひみなさんに進めたい貯金方法です。
過払い金請求のデメリット

今月は大ピンチです!

今月はなんだかとっても出費が多かったです。
いつもは6万くらいで治まっているのですが、多分5千円ほどオーバーです。
どうしましょう…。
まだお盆のものを何も買っていないのにです。
やっぱり急な出費って困りますね。
でも子供が生まれたら仕方ないのかもしれません。
こういう時のために私ももう少し稼いでおかなければなりません。
もっと子供が大きくなれば大変ですね。
今から色々対策を考える必要があります。
それにしても世の中のお父さんお母さんはこうやって子供を育てているのだとつくづく思います。
私も親になってみて初めて感じました。
これから大きくなってあれ買ってとかこれ買ってって言われるのでしょうね。
その時に何も買ってあげられない親にはなりたくないです。
親が苦労してきた分、私は同じような苦労を子供にはさせたくありません。
だからこそ頑張りたいです。
ただ、無理せず今できる精一杯を頑張りたいです。
今月のマイナス分は、とりあえず私の自由費から出すとしてもこんな生活を毎月は厳しいです。
もう少し、節約できるところは節約してこれからに備えたいです。

好調の理由

木村拓哉主演の検事ドラマ「HERO」の新シリーズが、テレビの凋落が言われ始めて久しいこの時代にあって非常に好調、と言うか例外的に凄まじい視聴率を稼いでいます。
しかし、ヒットの理由をテレビ局が理解する日は来ないと思います。
まず今回のヒットの最大の理由は、前シーズンが大当たりしたからです。
では前シーズンが何故大当たりしたかと言うと、「木村拓哉主演」によって話題と女性ファンの目を集めた上に検事と言う、よく知られていないけど何だか固くて男臭そうな題材で恋愛を前面に押し出していない作りにより男性視聴者も見るようになった相乗効果です。
この「固くて男臭そうな題材、恋愛を前面に押し出していない」で大ヒットしたドラマが最近ありましたね。
そう、「半沢直樹」です。
半沢の方はまさに上記の理由で作った本人でさえ当たると思っていなかったようですが。
さてこの種類のドラマと言うのは確かに現代あまり需要はないですが、それ以上に供給がないのです。
それを理解しない局はすぐに女性版とか出して陳腐化させて、で長い目で見てダメージを受けるわけですね。
今回のHEROは何をもたらすんでしょうか。